さくぶん

ひとりごとです。発達障害とか、家族のかたちとか…

命の授業だって

小学2年の娘ちゃんの授業参観。

病院の助産師さんを呼んで、命の授業だって。

担任の先生が気を利かせて、事前に知らせてくれていたけど、

どんな内容になるのか、詳細まではわからないので、ちょっと不安だった。

娘ちゃんは、ハイテンションになると余計なことを大きな声で言ってしまうので、

とにかく、「なるべく、授業中、喋らないで…」と約束しておいた。

 

別に、悪いことじゃないから、

里親とか、血が繋がってないとか、言ってもいい。

娘ちゃんの考えだけど、

わざわざ、授業参観で、皆さんの前でカミングアウトする必要もない。

 

あー、面倒くさい。こういう授業参観は、親子共々休みたい。

そう思っていた。

 

そして当日。

 

結果としては、

グループで何かを話し合うとか、

保護者がエピソードを話すとか、

そういった具体的な事はなかったのですが…

 

なるべく喋らないようにしようと、

あれだけ約束していたのに、

娘さん、なんだかハイテンションのご様子。

「何か質問ありますか?」

「はい!!」真っ先に手を挙げた娘ちゃん。

娘よ、なに言うんだ…

心臓が縮みましたよ。

 

「せっかくもらった命だから大切にしようと思いました。」

……。質問じゃなくて、感想だね…。

という場の空気。

まぁ、でも、よかった。

 

似たような感想の発表が、何人か続きましたが、

ものすごく的を得た質問も出てきました。

「赤ちゃんは、頭と足、どっちから出てきますか?」

「赤ちゃんが、男か女かわかるのは、いつ頃ですか?」

「男の子と女の子、どちらが多く生まれますか?」

すごい!8歳!

 

授業も終わりに近づき、

娘ちゃん、また元気に手を挙げちゃったよ…

「うちには犬と猫がいるけど、その命も大切にしようと思います。」 

はい。

 

そうだね。

わかったよ。

 

まぁ、無事に終わりそうで良かったよ。

本当にヒヤヒヤしたよ。

娘ちゃんとしては、まずいこと言ってないでしょ?ってな感じだと思いますが。

 

何だかんだ言いたい、黙っているなんて無理。

目立つこと好きなんだよねぇ。

 

私は、小2の時、真逆だったな…

 

 

帰宅後、親子で授業の振り返りをして、

親子、それぞれが助産師さんに手紙を書くことが宿題でした。

 

まず、

私は里親であること、

娘ちゃんが2歳になる少し前に、乳児院から我が家に来たこと、

そのことは娘ちゃんも8歳なりに理解していることなどを、

簡単に書きました。

 

私のお腹の中で動く娘ちゃんを、

残念ながら感じることはできませんでしたが、

産んでくれたお母さんに感謝して、

これからもずっと親子として、

一緒に生きていこう、

一緒に成長していこうと、

あらためて話し合いができたことを、書きました。

 

命の授業と聞いただけで、

生い立ちをみんなの前で発表しなきゃいけないのかと、

後ろ向きな気持ちになっていたことを反省しました。

 

今まで、里親会で聞いていた、

「命の授業」のひどい実例…

 

赤ちゃんの時の写真がありませんと担任の先生に相談したら、

「うちの子の写真を貸しましょうか?」…はぁ?

 

教師以前に、人間としてどうなんだ。

 

子どもが、その家族が、

人生と向き合う大事な場面で、

ひどく傷つくような授業だったら必要ないと思っていたので、

否定的な感情しかありませんでしたが、

今は、色々な形の「命の授業」があるんだなと、

とても勉強になりました。

 

 

 

平凡な日常に感謝します

気持ち悪い、鬼畜、ありえない、悲しいニュースばかり続いている。

何でそんな事ができるのか…

変人?

病気?

例えば病気だったとしても、病気だからで許しちゃいけないと思います。

 

児相が悪い?

救えなかった行政が悪い?

 

親権が強すぎる、

楽観視、連携不足、激務で手が回らない…

 

色々言われているけど、

想像の域をはるかに超えているのではないでしょうか。

 

虐待というより、拷問。

冷水シャワー浴びせ続けるとか、

殺人でしょ。

 

性的虐待って、2歳の女の子に…

 

これをやったら、その後どうなるか、

考えられない人間が多いという事ですね。

 

何を満たしたいのか。

 

 

犯罪って、

人間同士の、恨みつらみ、

金銭問題や男女関係のもつれとか、

人権、名誉に関わる事とか、

とにかく、理由があって起こってしまうものだと思っていました。

 

むしゃくしゃしたから、

見知らぬ人を切りつける通り魔とか、

繁華街の人混みに車で突っ込むとか、

動物虐待の延長で殺人するとか…

 

「理解できない」で片づけられない事ばかり。

増えたのか、マスコミが取り上げるから増えたように感じるのか。

 

最近DVDで観た「怒り」という映画。

「ダンサーインザダーク」の時と同じくらい、

やるせない気持ちになる映画でした。

 

映画の中の話じゃなく、

現実で、現在進行形で、

今この瞬間も苦しんでいる大人も子供もいる。

 

夕ご飯食べて、一杯飲んで、

側では子供が動画を見て、

夫はテレビ見ながらゴロンと横になって、

もうすぐチコちゃん始まるよとか…

 

今この瞬間が、いかに平和であるか、

心から感謝します。

 

 

 

 

 

 

平成31年

f:id:yacopun:20190105121043j:plain

 

お正月もあっという間に終わってしまいました。

夫がインフルエンザになり、その後は勤務先でじんわり大流行。

小学校でいつ流行するか、ヒヤヒヤものです。

 

そういえば、昨年は学級閉鎖になり、我が子は元気なのに仕事を休まなければならない事に怒りを覚えました。2日も休んだらマイナスいくら…

 

昔、インフルエンザって、こんなに流行ったかな?

 

家族ひっくるめて、大した予防もしないで過ごしていたような気がします。

 

私は46年間、インフルエンザに罹患したことがありません。

〇〇は風邪ひかない代表みたい、最強免疫力!

 

 

そんなこんなで、 平成最後の年が始まりましたが、

今年は、いろんな所に行って歩くことをやってみようと思います。

 

2019 結婚20周年になります。

 

 

f:id:yacopun:20190119150509j:plain

 

f:id:yacopun:20190119151147j:plain

 

毎年恒例の、冬の大洗海岸

みんなでいつまで行けるかな。

 

 

おじさん

f:id:yacopun:20181223230527j:plain

通勤路の途中、いつも信号待ちをする交差点近くに、

「営業中」の旗をなびかせている小さなたばこ屋風のお店がある。

と思っていたら、よく見るとお店じゃなかった。

そのお店(らしきもの)の前で、いつもニコニコしながら、交通整理らしき事をしている「おじさん」

 

年齢は、5〜60代に見える。おそらく知的障害があるのだろう。

 

お店風の敷地内は、雑然とはしているけど、決してゴミ屋敷というわけではない。

 

家族はいるのかな。どんな生活してるのかな。

 

地域の人にもニコニコ挨拶しているようなので、邪険にされている感じではなかった。

 

 

そのおじさんを、車の中から何年か見てきたが、

今年の秋から、全く交通整理らしき事をせず、座ってニコニコしているだけになっていた。

いつも正確だった日めくりカレンダーの日付も止まったままで…

元気ないのかな。

 

そう思っていたら、12月に入った頃から、ずっとシャッターが閉まったままになっている。

 

おじさん、入院でもしているのかな。

 

去年の今頃は、サンタクロースの服を着て、交通整理をしていたのに。

 

赤の他人が、勝手に心配しています。

だから何が出来るというわけでもないし、

まったく大きなお世話だと言われればそれまでですが。

アクティブ 11月

f:id:yacopun:20181124191728j:plain

 

秋らしい陽気が続き、

今年の11月は、私としてはかなりアクティブに過ごす事ができました。

高尾山登山、みかん狩り、宝登山登山…

初心者レベルの山ではありますが、

1か月の間に、ふたつも山登るなんて驚きです。

 

6年ほど前に登った筑波山

甘く見て行ったけど、きつかった…

もう行きたくないと思っていました。

 

が、しかし、

 せっかく楽しくなってきたので、

ゆるーい、ハイキング程度の登山を続けてみたいなと思っているところです。

 

家族で一緒に歩く、

何かを乗り越える、

大切な時間をになればいいなと。

 

そしていつかは、

富士山!

を目標にがんばります。

 

余談)

自分でも驚きだったのが、高尾山のあと筋肉痛にならなかったのです。

わずかながらも、スクワットなど続けている成果でしょうか。

 

 

11月、

ネガティブなほうも、いろいろあったわ…

 

ずっとずっといてほしい

f:id:yacopun:20181008192317j:plain

 

あいさん、もうすぐ14歳になります。

愛おしいあいさん。

ずっとずっといてほしいけど、

いつか来る、その日を、

少しずつ自分に言い聞かせています。

 

今のところ、健康状態は良好。

眼が白くなり、

時々足腰が痛いと泣くけれど、

まだまだ元気なばあちゃんだと思います。

 

犬を室内で飼うのは、

この子が初めてでした。

 

犬って、こんなに色々なことが分かるんだ!

驚きの連続です。

 

人間の子どもより、

よっぽどTPOが分かっていたりします(笑)

 

まだ終わりじゃないけど、

本当に本当に、

あいさんに出会えてよかったと思います。

 

 

 

 

 

 

普通と特別の狭間で…

f:id:yacopun:20180902192314j:plain

 

ミニロディ、可愛いですよね。

コンプリートしたくなります。

100均なので、罪悪感ありませんね。

 

今年は、夏も秋も台風のせいでキャンプに行けませんでした。

 

もやっとする暑い日々でしたが、

ひとつだけ、スッキリすることがありました。

 

娘ちゃんは、もうすぐ8歳になります。

 

8歳になると、特別養子縁組ができなくなります。

 

数年前からずっと、お子さんの将来のために最善の事なので、特別養子縁組を考えてくださいと言われていました。

 

普通養子縁組と特別養子縁組の違いを説明され、確かに仰ることはごもっとも。

 

今の私たち家族の関係は、ただの同居人であり、もちろん親権もなければ、病気や怪我の治療の判断もできない。

例えば、実親が子を引き取りたいと言ったら、簡単に引き裂かれてしまう関係です、里親委託とはそういうものですと。

 

わかっていたつもりでした。

 

本当にそうなったらどうしよう、考えたら怖くなりました。

 

娘ちゃん自身も、血のつながりはない事は知っていますが、

2歳になる前から、このお父さん、このお母さん、この犬や猫たちと、この家で過ごしてきた。

周りの大人たちが決めた事に従うしかなかったチビさんが、もうすぐ8歳。

 

本人の意志を尊重する。

 

聞こえは良いが、

この生活以外知らないのだから、養子縁組したいかと聞けば、もちろん「したい」と言うよね。

 

判断できる年齢になってから、本人に決めてもらいたい。

私たち夫婦の考えを伝えると、それは否定された。

 

そもそも、帰るところがない、知らないのに、選びようがないと。

 

ただ…

色々説明され、理解はできましたが、

養子縁組は圧力をかけられてするものではないし、

今の状況をダメとするならば、

里親制度をも否定するような事を言ってませんか?

 

児相職員みんなで囲んで、我が家の経済的状況などを根掘り葉掘り聞き出して…

まるで虫ケラ扱い。思い出すと吐き気がします。

こちらが感情的になれば、

「情緒不安定でお子さんの養育は無理ですね」と、子どもを強制的に引き上げるつもりでしょう。

 

こんなパワハラ、人生初めてです。

言われっぱなしというのも、本当に悔しかったです。

 

最初から特別養子縁組前提の話じゃなかったかと聞かれたけど、

そのような説明はなかったし、

むしろその辺あいまいにして、話を進める理由があったのではと勘ぐってしまいます。

 

今でも許せない一言。

「児相は情報を持っていますから」

里親ごときには、子どもの情報を教えてやらないよという意味でしょうか。

あまりにも失礼な人だなと思いました。

 

私たちは、毎日この子と生活しているのです。

 

情報を共有できないのに、

圧力をかけて養子縁組をすすめようとするなんて、

誰のための制度なのでしょう。

 

発達障害があるから、縁組を拒否している訳ではありません。

今の事だけじゃなく、ちゃんと将来を考えています。

 

 

職員の方々は、今しか見てない。

「自分の担当のケース」または、数字 1 …

 

しかも、人事異動があれば、

すぐにこの里子、この里親、この家庭のことなんか忘れてしまう。

そんな方々に、私たちの人生を決めて欲しくないし、決める権利もないはず。

 

私たちは、児相職員様のために里親になった訳じゃない。

1里子でも、1里親でもない。

生身の人間なんです。 

 

去年、児相との間でそんなやり取りがあって、

ずっともやもやしてきたけど、

先月の話し合いでは、

私たち夫婦の意向に納得してくださり、

今の家庭の状況から考えて、

特別養子縁組は見送るという結論に至りました。

(去年とあまりにも対応が違い、拍子抜けしましたが…

担当者が変わると、こんなに違うものなのですね。

ご理解いただきありがとうございました。)

 

もし、私たち夫婦じゃないところにご縁があったら、

この子はとっくに縁組してもらっていたのだろうなぁとか、考える。

 私たち夫婦が、この子のチャンスを奪ってしまったのか。

 

でも、今後、おそらく法律が変わり、特別養子縁組の年齢引き上げがあるようだと聞いた。

是非、そうなってほしい。

 

今まで、私たち夫婦は、何だかんだ言っても、

すべて良いタイミングで色んなことを叶えてきた。

だからきっと、この件も上手くいくと信じています。

 

最後にやっぱり言いたい事は、

人の人生に関わる仕事をされている方たち、

(まぁ、自分も含めてなのですが)

尊厳を傷つけるような発言、本当に気をつけてほしいです。

私たちは、犯罪者でもないし、

上から目線で、「調査します」とか、

「預貯金がゼロではないので大丈夫じゃないですかぁ?」とか…

県の職員になると、自分が偉くなったような勘違いしちゃうのでしょうね。

アラフォー女子にありがちな感じですけど。

 

前担当職員様

 

何不自由なく育って、

当たり前に大学出してもらって、

県の職員になって、

児相で実績残して、 一刻も早く異動しよう!

願いが叶って良かったですね。

 

強烈な思い出になりましたよ。

忘れたくても、一生忘れられません。

お世話になりました。

 

 

色々ありましたが、

私たち夫婦は、

できる限り健康を維持し、

地道に働き、コツコツ貯金をして、

ずっと仲良く、

離婚することなく、

安全運転を守り、

なるべく、死ぬような無茶をせず、

非常識な借金をせず、

安泰な生活を守る努力をして生きます。

 

だから、いつかきっと、

娘ちゃんに納得して選んでもらえるように頑張るから。