さくぶん

ひとりごとです。発達障害とか、家族のかたちとか…

疲れちゃったこと 2

ずいぶん時間があいてしまいましたが、下書きが残っているので続きを…


娘ちゃんたら、

運動会が終わった途端に、学校行きたくないが始まってしまいました。

やはり、ひとつ行事が終わったタイミングで落ち込みがやってくるようです。



運動会後の話の続き…


以前から欲しいと言っていた「時計」

運動会がんばったご褒美で買いに行くか!

と夫の提案でイオンに買い物に行きました。


サクランボというファンシーショップ。


そういえば、私もこういう店好きだったな。


「これがいい」とあまり迷わずに時計を決めて、私がレジで会計を済ませ、おつりを財布にしまっているところ…


その時計には目もくれずに、

「文房具見てくる!」


あっという間に消えやがった。


カチン。


今買ったばかりの時計を「自分で持ちなさい」と渡し、


「時計はもうどうでもいいのか。

買ってもらったら、それでおしまいなのか。

ありがとうも言わずに、次は文房具か。

あなたのそういうところは、本当に人をイラッとさせるよ。」


慌てて、「ごめんなさい。ありがとうございました。」



前回も書きましたが、

それが発達障害の特性じゃない。


わかっちゃいるけど腹は立つ。



運動会での、グラウンドでの泥遊びや、

靴や服の汚れをまったく気にしないこと、

シャツの背中がきちんとしまえないこと、


周りの人が自分をどう見るか、

考えた方がいいよ。


女の子とか男の子とか、

あまり言いたくないけど、

現実的には、女の子がだらしないのはアウト。


運動会頑張って、体操着が汚れるのはいいこと。

でも、わざわざ泥遊びして汚すのは違う。

汚れたら、はたいて泥を落とすということもしない。


本当に、繰り返し繰り返し話しても身に付かない。



勉強しろとは言わないけれど、


身だしなみがきちんとできないと、どう思われるか、


その言動が、相手をどんな気持ちにさせるか、


その都度、その都度、

繰り返し話していこうと思います。








疲れちゃったこと 1

5月なのに真夏の陽気。

そして運動会。

何もしてないけど、外で過ごすというだけで、

こんなに体にこたえるとは…


運動会というだけでネガティブな感情になるのは、子供の頃からなので、

とにかく私の役目は、弁当を作ることです。


娘ちゃんの競技もすべて終わり、無事に終わってさあ帰ろうとしたのですが、


娘ちゃんがグラウンドにしゃがんで泥遊び。

しかも、白いラインの石灰を触って遊んでいるのが見えました。

背中は相変わらず体操着が飛び出して…



娘ちゃんが帰宅し、「お疲れさん。すぐにシャワーして」

赤組が勝った!とかでテンションあがってたので、鼻歌が聞こえてきます。


あがってきた姿を見てギョッとする。


洋服は着替えたのに、

なぜか、靴下だけは、さっきまで履いてた泥だらけの靴下を履いている。


「何してんの?汚いでしょ」


本当に意味がわからない。理解できない。




日頃から娘ちゃんに伝えていること、

3歳くらいから繰り返し繰り返し話していること、

たぶん、ほとんど伝わっていないんだなと、

がっかりというか、無力感というか。


それが発達障害の特性でしょ。

と言われればごもっとも。


2 につづく。


ゴールデンな10連休

令和になりました。

子どもの頃、「ひろのみやさん」と呼んでいたお方が、

天皇陛下になられたのですね。

なんだかしみじみします。

 

昭和から平成になったのが、高校生の時。

 

私にとって、平成は、

まさに大人の階段登る時代でした。

 

就職、結婚、転職、

子どもはまだ?と言われ続けた30代、

ドッグスポーツやったり、

養母の介護したり…

 

そして里親になると決めて、

子どもの紹介があったその日から40代がスタート。

 

忙しいけど充実した日々でした…

なんて、かっこいいものではなかったです。

正直余裕がなくて、娘ちゃんにもつらく当たってしまったこともありました。

 

夫とともに40代後半になり、

「そういえば、もうアラフォーじゃないんだね」と笑いあったり、

もう白髪染めをやめようと決めたり、

娘ちゃんと一緒に、「糸」や「キセキ」を覚えて歌ったり、

本当に平和な穏やかな生活を過ごせることに感謝です。

 

長い休み、給料減るな…とかネガティヴに捉えていましたが、

庭の手入れをしたり、バーベキューしたり、

安い服を買いに行ったり、

のんびりと過ごしています。

 

休み明け、娘ちゃんの「学校やだな」が始まらなきゃいいけど。

 

療育とか、スクールカウンセラーの話など、

徐々に書いていこうと思います。

 

命の授業だって

小学2年の娘ちゃんの授業参観。

病院の助産師さんを呼んで、命の授業だって。

担任の先生が気を利かせて、事前に知らせてくれていたけど、

どんな内容になるのか、詳細まではわからないので、ちょっと不安だった。

娘ちゃんは、ハイテンションになると余計なことを大きな声で言ってしまうので、

とにかく、「なるべく、授業中、喋らないで…」と約束しておいた。

 

別に、悪いことじゃないから、

里親とか、血が繋がってないとか、言ってもいい。

娘ちゃんの考えだけど、

わざわざ、授業参観で、皆さんの前でカミングアウトする必要もない。

 

あー、面倒くさい。こういう授業参観は、親子共々休みたい。

そう思っていた。

 

そして当日。

 

結果としては、

グループで何かを話し合うとか、

保護者がエピソードを話すとか、

そういった具体的な事はなかったのですが…

 

なるべく喋らないようにしようと、

あれだけ約束していたのに、

娘さん、なんだかハイテンションのご様子。

「何か質問ありますか?」

「はい!!」真っ先に手を挙げた娘ちゃん。

娘よ、なに言うんだ…

心臓が縮みましたよ。

 

「せっかくもらった命だから大切にしようと思いました。」

……。質問じゃなくて、感想だね…。

という場の空気。

まぁ、でも、よかった。

 

似たような感想の発表が、何人か続きましたが、

ものすごく的を得た質問も出てきました。

「赤ちゃんは、頭と足、どっちから出てきますか?」

「赤ちゃんが、男か女かわかるのは、いつ頃ですか?」

「男の子と女の子、どちらが多く生まれますか?」

すごい!8歳!

 

授業も終わりに近づき、

娘ちゃん、また元気に手を挙げちゃったよ…

「うちには犬と猫がいるけど、その命も大切にしようと思います。」 

はい。

 

そうだね。

わかったよ。

 

まぁ、無事に終わりそうで良かったよ。

本当にヒヤヒヤしたよ。

娘ちゃんとしては、まずいこと言ってないでしょ?ってな感じだと思いますが。

 

何だかんだ言いたい、黙っているなんて無理。

目立つこと好きなんだよねぇ。

 

私は、小2の時、真逆だったな…

 

 

帰宅後、親子で授業の振り返りをして、

親子、それぞれが助産師さんに手紙を書くことが宿題でした。

 

まず、

私は里親であること、

娘ちゃんが2歳になる少し前に、乳児院から我が家に来たこと、

そのことは娘ちゃんも8歳なりに理解していることなどを、

簡単に書きました。

 

私のお腹の中で動く娘ちゃんを、

残念ながら感じることはできませんでしたが、

産んでくれたお母さんに感謝して、

これからもずっと親子として、

一緒に生きていこう、

一緒に成長していこうと、

あらためて話し合いができたことを、書きました。

 

命の授業と聞いただけで、

生い立ちをみんなの前で発表しなきゃいけないのかと、

後ろ向きな気持ちになっていたことを反省しました。

 

今まで、里親会で聞いていた、

「命の授業」のひどい実例…

 

赤ちゃんの時の写真がありませんと担任の先生に相談したら、

「うちの子の写真を貸しましょうか?」…はぁ?

 

教師以前に、人間としてどうなんだ。

 

子どもが、その家族が、

人生と向き合う大事な場面で、

ひどく傷つくような授業だったら必要ないと思っていたので、

否定的な感情しかありませんでしたが、

今は、色々な形の「命の授業」があるんだなと、

とても勉強になりました。

 

 

 

平凡な日常に感謝します

気持ち悪い、鬼畜、ありえない、悲しいニュースばかり続いている。

何でそんな事ができるのか…

変人?

病気?

例えば病気だったとしても、病気だからで許しちゃいけないと思います。

 

児相が悪い?

救えなかった行政が悪い?

 

親権が強すぎる、

楽観視、連携不足、激務で手が回らない…

 

色々言われているけど、

想像の域をはるかに超えているのではないでしょうか。

 

虐待というより、拷問。

冷水シャワー浴びせ続けるとか、

殺人でしょ。

 

性的虐待って、2歳の女の子に…

 

これをやったら、その後どうなるか、

考えられない人間が多いという事ですね。

 

何を満たしたいのか。

 

 

犯罪って、

人間同士の、恨みつらみ、

金銭問題や男女関係のもつれとか、

人権、名誉に関わる事とか、

とにかく、理由があって起こってしまうものだと思っていました。

 

むしゃくしゃしたから、

見知らぬ人を切りつける通り魔とか、

繁華街の人混みに車で突っ込むとか、

動物虐待の延長で殺人するとか…

 

「理解できない」で片づけられない事ばかり。

増えたのか、マスコミが取り上げるから増えたように感じるのか。

 

最近DVDで観た「怒り」という映画。

「ダンサーインザダーク」の時と同じくらい、

やるせない気持ちになる映画でした。

 

映画の中の話じゃなく、

現実で、現在進行形で、

今この瞬間も苦しんでいる大人も子供もいる。

 

夕ご飯食べて、一杯飲んで、

側では子供が動画を見て、

夫はテレビ見ながらゴロンと横になって、

もうすぐチコちゃん始まるよとか…

 

今この瞬間が、いかに平和であるか、

心から感謝します。

 

 

 

 

 

 

平成31年

f:id:yacopun:20190105121043j:plain

 

お正月もあっという間に終わってしまいました。

夫がインフルエンザになり、その後は勤務先でじんわり大流行。

小学校でいつ流行するか、ヒヤヒヤものです。

 

そういえば、昨年は学級閉鎖になり、我が子は元気なのに仕事を休まなければならない事に怒りを覚えました。2日も休んだらマイナスいくら…

 

昔、インフルエンザって、こんなに流行ったかな?

 

家族ひっくるめて、大した予防もしないで過ごしていたような気がします。

 

私は46年間、インフルエンザに罹患したことがありません。

〇〇は風邪ひかない代表みたい、最強免疫力!

 

 

そんなこんなで、 平成最後の年が始まりましたが、

今年は、いろんな所に行って歩くことをやってみようと思います。

 

2019 結婚20周年になります。

 

 

f:id:yacopun:20190119150509j:plain

 

f:id:yacopun:20190119151147j:plain

 

毎年恒例の、冬の大洗海岸

みんなでいつまで行けるかな。

 

 

おじさん

f:id:yacopun:20181223230527j:plain

通勤路の途中、いつも信号待ちをする交差点近くに、

「営業中」の旗をなびかせている小さなたばこ屋風のお店がある。

と思っていたら、よく見るとお店じゃなかった。

そのお店(らしきもの)の前で、いつもニコニコしながら、交通整理らしき事をしている「おじさん」

 

年齢は、5〜60代に見える。おそらく知的障害があるのだろう。

 

お店風の敷地内は、雑然とはしているけど、決してゴミ屋敷というわけではない。

 

家族はいるのかな。どんな生活してるのかな。

 

地域の人にもニコニコ挨拶しているようなので、邪険にされている感じではなかった。

 

 

そのおじさんを、車の中から何年か見てきたが、

今年の秋から、全く交通整理らしき事をせず、座ってニコニコしているだけになっていた。

いつも正確だった日めくりカレンダーの日付も止まったままで…

元気ないのかな。

 

そう思っていたら、12月に入った頃から、ずっとシャッターが閉まったままになっている。

 

おじさん、入院でもしているのかな。

 

去年の今頃は、サンタクロースの服を着て、交通整理をしていたのに。

 

赤の他人が、勝手に心配しています。

だから何が出来るというわけでもないし、

まったく大きなお世話だと言われればそれまでですが。