さくぶん

ひとりごとです。

待ちに待った…

f:id:yacopun:20151117204314j:plain


昨日オンエアされた「みいつけた」に、娘ちゃんの幼稚園のお子さまたちが出ました。

ずい分前に収録されたものですが、

やっと待ちに待ったオンエアという感じです。


今日は、仕事帰りに、私ひとりで療育センターに行きました。


こちらも、待ちに待った…という感じです。

夏に行動開始して、やっと療育計画が提示され、そして契約です。

まぁ時間がかかったのは、私の休みとセンター側の都合がうまくかみ合

わなかったという事もありますけどね。


まず、作業療法士OTさんから、療育計画について説明がありました。

体幹がしっかりしていない、全身の筋力が弱くバランスが悪い、手先が不器用、力加減が上手くいかない…

まぁ、今まで私が見てきて感じた事ですが、

「自分の体をこう動かすとこう使えるよ」ということが分からない。

生活の中で体験して体感して学習していくことが出来ていない。

ということが、専門家の目から見ても明らかのようです。


気にしすぎ、

心配ない、

まだ小さいから、

幼稚園に行けば変わる、

などなど…

色々な方から何度言われたでしょうか。

もちろん、良かれと思って言って下さるのだということは分かります。

知人や友人、親戚ならともかく、

相談機関の職員が無責任に言い放つのはどうかと思います。


毎日見ている家族や幼稚園の先生が感じた事は、もっと大事に考えてほしいのです。


1年前に真剣に聞いてもらえたら、1年早く療育スタート出来たかもしれないのです。


まぁ、愚痴を言っても仕方ありません。

来月から、やっとスタート出来ます。前向きに喜びましょう。