さくぶん

ひとりごとです。

金銭感覚

2週間前、娘ちゃんの七五三写真撮影をしました。

写真撮影も、昔の(私の成人式)雰囲気とは全く違いますね。


昔は、緊張して引きつり笑顔で、おじさんがバシャって撮って終わり。

すぐに結果が分からない世界ですから、

後日、うわぁスゴイブス!!という残念なお写真が出来上がります。


そんな昔話は置いといて…

背景、小道具、ポーズも様々。

子どもが緊張しないよう、学校の話など質問ぜめに…

二つのことを同時にできない娘ちゃんには、難しい作業ですが。



撮影に入る前に、店員さんには、

「このセットで」と伝えておいたのですよ。

まぁ言ってみれば、一番お安いコース。

写真は7カットっていうもの。

え。みたいな反応でしたが。



撮影終了後、娘ちゃんも交えて、写真を選ぶ作業です。

店員さんは、営業マニュアル通り、

立派なフォトブック?アルバム?を見せながら8万円のセットをすすめる訳ですよ。

これなら、先ほど撮影したお写真30何カット載せられます。子ども時代の大事な思い出ですからとか何とか言って。

ちょっとしつこい。


子どもは飛びつきますよね…


夫婦揃って、「いや〜…これで…」

娘ちゃんは「あれがいい〜〜」

変な空気。


こういう場合、じいさんばあさんがいたりすると、

「せっかくだから、これにしなさい」

という流れになるのでしょうが、

我が家には、財布じいさんばあさんはいないので、

「これで。」と3万円のセットに決定。



このやり取り、というか店員さんの営業。

別に何とも感じない家族ばかりなのでしょうか。


まず、

子どもの前でやらないでよ。

子どもはガッカリ。ウチの親は残念だみたいな雰囲気。

娘ちゃんは、ダダをこねるとか、すねて口もきかないということはありませんが、

(とりあえず言うけど執着しない。すぐに忘れる)

そんな感じになるのが嫌だから、

じゃあ8万円…って。なる?

ぼったくりバーじゃないんだから。


私たちは、七五三写真に8万円かける価値観は持ってないです。

アゴを出したり、引きつった笑顔の写真をいっぱい載せたフォトブックよりも、

選び抜いた7カットの写真がいいです。


もっと言えば、オーダーメイドのランドセル。8万円とか10万円とか。

それも必要ないと思います。

娘ちゃんのランドセルは、かるす◯です。


私たち夫婦の金銭感覚はおかしいですか?


世の中、そんなにお金持ってる家庭ばかりなのでしょうか?


貧困とか格差とか、それが現実の社会なのに、

あらゆる場面で中流を押し売りされる社会。

それ本当に中流ですか?



今日、出来上がった写真を受け取りに行ってきます。

娘ちゃんは、何でもいいから大喜びだと思います。