さくぶん

ひとりごとです。

指が動かない

娘ちゃんは、運動オンチ+不器用。指先に力を入れるのが下手、瞬間的にグッと力を入れるのが下手です。

それはまぁ、おいといて…


私自身、手先の不器用さを認めたくなかったのですが、やっぱりそうだなぁと認めることにしました。

決して上手ではないけど、昔はクラリネットも吹けたし、これも上手ではないけど手芸や裁縫とか好きだし、字を書くのも、丁寧に書けば結構上手な方だと思います。


でも、一番ひどいのは、物をよく落とすこと。

いつも手が乾燥しているから…と言い訳していましたが、そうではないです。

結局は、自分で力加減をコントロール出来ていないのです。そして反射神経が鈍い。

夫がいつも言うのは、

「落とすと思った時、あっっと言いながらあきらめてるでしょ。」正解!

落としても害がないものに関しては、完全にあきらめてます。(自覚アリ)

でも、落としたら割れるとか、後が大変とか、そういうものに関しても、実はあきらめているようです。(自分なりに頑張ってたつもりだけど)

落ち込むのは、まずい!と思って慌てて手を出したら、余計に事態を悪化させてしまう時。

掴むつもりが、倒してしまったとか

それから、紙を1枚取るとか、財布の中から目的の小銭を取り出すとか苦手です。

早くしなきゃと焦ると、悔しいほど指が動かなくなります。自分の指なのに。

若い頃より、悪化しているような気がします。


いつも「早くして」と娘ちゃんを急かしてしまうけど、自分だって同じなんだよ。ごめんね。

と、反省するけど、毎朝同じことを繰り返しております。


いや、うーん、ある部分は同じだけど(不器用ということ)

自分とは違う部分にイラっとしてしまうのかな。


そろそろ行動開始です。

晴れた。気持ちいい!


つづく…